研究業績

著書・総説

2011

  1. *高橋 直生, *木村 秀樹, *吉田 治義, 内木 宏延: アミロイドーシス. 日内会誌, 100(5), 1282-1288, 2011.05
  2. +山本 卓, 内木 宏延, +成田 一衛: 透析アミロイドーシスの新知見. Pharma Medica, 29(3), 35-39, 2011.03
  3. 小澤 大作, +後藤 祐児: β2-ミクログロブリンのアミロイド線維形成機序. 臨床検査, 55(1), 19-26, 2011.01

2010

  1. T.Ban, +Y.Goto: Real-time observation of amyloid-β fibril growth by total internal reflection fluorescence microscopy: M.Ramirez-Alvarado, J.W.Kelly, C.M.Dobson(ed.): Protein misfolding diseases: Current and emerging principles and therapies, John Wiley & Sons, 699-709, 2010.06
  2. 内木 宏延: 透析アミロイドーシス発症の分子機構. 医学のあゆみ, 別冊, 75-81, 2010.04
  3. 内木 宏延, 長谷川 一浩, +小野 賢二郎, +山田 正仁: アミロイド線維形成の重合核依存性重合モデルと線維形成阻害薬の探索. 薬学雑誌, 130(4), 503-509, 2010.04
  4. +津谷 寛, 稲井 邦博: 痛風の診断・鑑別診断. 総合臨床, 59(2), 231-236, 2010.02

学術論文

2011

  1. +I.Sakamaki, K.Inai, +H.Tsutani: Safety of intradermal injection of monosodium urate crystals as a vaccine carrier in volunteers. Nucleos Nucleot Nucl, 30(12), 1077-1084, 2011.12, #1.132, DOI; 10.1080/15257770.2011.597368
  2. *M.E.Martinez, *Y.Kiyono, *S.Noriki, K.Inai, *K.S.Mandap, *M.Kobayashi, *T.Mori, *Y.Tokunaga, *V.N.Tiwari, *H.Okazawa, *Y.Fujibayashi, *T.Ido: New radiosynthesis of 2-deoxy-2-[18F]fluoroacetamido-D-glucopyranose and its evaluation as a bacterial infections imaging agent. Nucl Med Biol, 38(6), 807-817, 2011.08, #2.620, DOI; 10.1016/j.nucmedbio.2011.02.006
  3. +J.Kardos, +A.Micsonai, +H.Pál-Gábor, +É.Petrik, +L.Gráf, +J.Kovács, +YH.Lee, H.Naiki, +Y.Goto: Reversible heat-induced dissociation of β2-microglobulin amyloid fibrils. Biochemistry, 50(15), 3211-3220, 2011.04, DOI; 10.1021/bi2000017
  4. D.Ozawa, +Y.Kaji, +H.Yagi, +K.Sakurai, +T.Kawakami, H.Naiki, +Y.Goto: Destruction of amyloid fibrils of keratoepithelin peptides by laser irradiation coupled with amyloid-specific thioflavin T. J Biol Chem, 286(12), 10856-10863, 2011.03, DOI; 10.1074/jbc.M111.222901
  5. D.Ozawa, K.Hasegawa, +YH.Lee, +K.Sakurai, +K.Yanagi, T.Ookoshi, +Y.Goto, H.Naiki: Inhibition of β2-microglobulin amyloid fibril formation by α2-macroglobulin. J Biol Chem, 286(11), 9668-9676, 2011.03, DOI; 10.1074/jbc.M110.167965

2010

  1. *髙木 和貴, 稲井 邦博, 内木 宏延, *岩崎 博道, *上田 孝典: 炎症性サイトカイン過剰産生ヒト胸腺癌細胞株(ThyL-6)におけるFlavopiridolによる転写抑制を介したIL-6分泌抑制. 痛風と核酸代謝, 34(2), 179-187, 2010.12
  2. +T.Konuma, +E.Chatani, +M.Yagi, +K.Sakurai, +T.Ikegami, H.Naiki, +Y.Goto: Kinetic intermediates of β2-microglobulin fibril elongation probed by pulse-labeling H/D exchange combined with NMR analysis. J Mol Biol, 405(3), 851-862, 2011.01, DOI; 10.1016/j.jmb.2010.11.029
  3. +Y.Yoshimura, +K.Sakurai, +YH.Lee, +T.Ikegami, +E.Chatani, H.Naiki, +Y.Goto: Direct observation of minimum-sized amyloid fibrils using solution NMR spectroscopy. Protein Sci, 19(12), 2347-2355, 2010.12, #2.937, DOI; 10.1002/pro.515
  4. +K.Yamamoto, +H.Yagi, +YH.Lee, +J.Kardos, +Y.Hagihara, H.Naiki, +Y.Goto: The amyloid fibrils of the constant domain of immunoglobulin light chain. FEBS Lett, 584(15), 3348-3353, 2010.08, #3.541, DOI; 10.1016/j.febslet.2010.06.019
  5. +H.Yagi, D.Ozawa, +K.Sakurai, +T.Kawakami, +H.Kuyama, +O.Nishimura, +T.Shimanouchi, +R.Kuboi, H.Naiki, +Y.Goto: Laser-induced propagation and destruction of amyloid β fibrils. J Biol Chem, 285(25), 19660-19667, 2010.06, #5.328, DOI; 10.1074/jbc.M109.076505
  6. T.Ban, +J.A.Heymann, +Z.Song, +J.E.Hinshaw, +D.C.Chan: OPA1 disease alleles causing dominant optic atrophy have defects in cardiolipin-stimulated GTP hydrolysis and membrane tubulation. Hum Mol Genet, 19(11), 2113-2122, 2010.06, #7.386, DOI; 10.1093/hmg/ddq088
  7. +P.Zhang, +X.Fu, +J.Sawashita, +J.Yao, +B.Zhang, +J.Qian, +H.Tomozawa, +M.Mori, +Y.Ando, H.Naiki, +K.Higuchi: Mouse model to study human A β2M amyloidosis: generation of a transgenic mouse with excessive expression of human β2-microglobulin. Amyloid, 17(2), 50-62, 2010.06, #2.115, DOI; 10.3109/13506129.2010.483116
  8. +E.Chatani, +R.Ohnishi, +T.Konuma, +K.Sakurai, H.Naiki, +Y.Goto: Pre-steady-state kinetic analysis of the elongation of amyloid fibrils of β2-microglobulin with tryptophan mutagenesis. J Mol Biol, 400(5), 1057-1066, 2010.07, #3.871, DOI; 10.1016/j.jmb.2010.05.071
  9. +A.Morinaga, K.Hasegawa, R.Nomura, T.Ookoshi, D.Ozawa, +Y.Goto, +M.Yamada, H.Naiki: Critical role of interfaces and agitation on the nucleation of Aβ amyloid fibrils at low concentrations of Aβ monomers. Biochim Biophys Acta, 1804(4), 986-995, 2010.04, #2.480, DOI; 10.1016/j.bbapap.2010.01.012
  10. +清水 幸生, *山元 龍哉, *木村 浩彦, +塩山 力也, +鈴木 裕志, 内木 宏延, +野島 孝之: 腎原発滑膜肉腫の1例. 腹部放射線研究会デジタルアトラス, 2010.01(症例報告)

学会発表

2011

  1. 内木 宏延: β2-ミクログロブリンアミロイド線維形成・沈着の分子機構, 第56回日本透析医学会学術集会・総会, 透析アミロイドーシスUpDate, 2011.06, 横浜
  2. +茶谷 絵理, +小沼 剛, +大西 玲奈, +八木 正典, +櫻井 一正, +池上 貴久, 内木 宏延, +後藤 祐児: 伸長反応中間体の観察によるアミロイド構造伝播機構の解明, 第11回日本蛋白質科学会年会, 蛋白質のフォールディングと異常凝集の統一原理, 2011.06, 吹田, プログラム・要旨集, 34, 2011.06
  3. +宗 正智, +八木 寿梓, +櫻井 一正, +荻 博次, 内木 宏延, +後藤 祐児: 超音波によるアミロイド線維形成促進, 第11回日本蛋白質科学会年会, 2011.06, 吹田, プログラム・要旨集, 71, 2011.06
  4. +吉村 優一, +櫻井 一正, +八木 寿梓, +宗 正智, +李 映昊, +荻 博次, 内木 宏延, +後藤 祐児: 超音波処理下で作製した微細アミロイド線維の構造および物性のキャラクタリゼーション, 第11回日本蛋白質科学会年会, 2011.06, 吹田, プログラム・要旨集, 101, 2011.06
  5. +櫻井 一正, +柳 浩太郎, +吉村 優一, +小沼 剛, +菅瀬 謙治, +池上 貴久, 内木 宏延, +後藤 祐児: 溶液NMRによるβ2ミクログロブリンアミロイド線維形成のモノマー─線維核相互作用機構の解明, 第11回日本蛋白質科学会年会, 2011.06, 吹田, プログラム・要旨集, 104, 2011.06
  6. 小澤 大作, +加治 優一, +八木 寿梓, +櫻井 一正, +川上 徹, 内木 宏延, +後藤 祐児: チオフラビンTとレーザー光を利用したアミロイド線維の分解, 第11回日本蛋白質科学会年会, 2011.06, 吹田, プログラム・要旨集, 105, 2011.06
  7. +押野谷 幸乃輔, +新倉 晋, +長野 賢一, *高原 典子, *法木 左近, 内木 宏延: 精索脂肪肉腫の1例, 第432回日本泌尿器科学会北陸地方会, 2011.06, 金沢
  8. *西島 昭彦, *法木 左近, 稲井 邦博, *飯野 哲, +田中 雅人, *木村 浩彦, *安達 登志樹: 福井大学におけるAutopsy imaging(Ai)センターと画像診断教育システムについて, 第67回日本放射線技術学会総会学術大会, 2011,04
  9. 長谷川 一浩, 内木 宏延, 大越 忠和, 小澤 大作, 伴 匡人: アミロイド線維形成に及ぼす界面の効果, 大阪大学蛋白質研究所セミナー「蛋白質異常凝集の原理と制御」, 2011.04, 吹田
  10. *松田 陽介, *棚瀬 和弥, *大山 伸幸, *三輪 吉司, *秋野 裕信, *横山 修, 大越 忠和, 内木 宏延, *横山 由就, *高橋 直生: 腎腫瘤で発見されたIgG4関連間質性腎炎の一例, 第431回日本泌尿器科学会北陸地方会, 2011.03, 金沢
  11. +斉藤 由美, +岡部 勲, +豊田 清浩, +佐藤 保則, 大越 忠和, *森 正樹, *今村 好章: 腹水中に腫瘍細胞が出現したdiffuse large B-cell lymphomaの1例, 第28回日本臨床細胞学会福井県支部総会並びに学術集会, 2011.03, 福井
  12. K.Inai, +I.Sakamaki, +H.Tsutani: Safety of intradermal injection of monosodium urate crystals as a vaccine carrier in volunteers, 14th International Symposium on Purine and Pyrimidine Metabolism in Man,PP11, 2011.02, Tokyo, Program & Abstracts, 83, 2011.02
  13. 稲井 邦博, *法木 左近, +田中 雅人, *西島 昭彦, *木下 一之, *島田 一郎, *飯野 哲, *松木 孝澄, *木村 浩彦, 内木 宏延: 福井大学におけるAiネットワークシステムの概要─Aiデーターを医療資源として医療・教育に活用するために─, 第8回オートプシー・イメージング学会総会・学術集会, 2011.02, 千葉

2010

  1. *河北 亜希子, *安冨 素子, *畑 郁江, *谷澤 昭彦, *眞弓 光文, *岡田 晃斉, *池田 岳史, *佐々木 正人, 大越 忠和, *今村 好章: 肺炎を契機に発見された縦隔腫瘍の1例, 第46回中部日本小児科学会, 2010.08, 金沢, 日本小児科学会雑誌, 114(12), 1975, 2010.12
  2. T.Ban, +D.Chan: OPA1-induced membrane tubulation and function in mitochondrial inner membrane, 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同大会, 2010.12, 神戸
  3. +水野 愛子, +宗 正智, +八木 寿梓, +櫻井 一正, +河田 康志, 内木 宏延, +後藤 祐児: 超音波によるK3 peptideとα-synucleinのアミロイド線維形成, 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同大会, 2010.12, 神戸
  4. 長谷川 一浩, +森永 章義, +山田 正仁, 内木 宏延: βアミロイド線維の核形成における界面の影響, 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同大会, 2010.12, 神戸
  5. D.Ozawa, K.Hasegawa, +YH.Lee, +K.Sakurai, +K.Yanagi, T.Ookoshi, +Y.Goto, H.Naiki: α2-Macroglobulin inhibits β2-microglobulin amyloid fibril formation in vitro, 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同大会, 2010.12, 神戸
  6. 小澤 大作: α2-マクログロブリンによるβ2-ミクログロブリンアミロイド線維形成抑制機構の解明, 大阪大学蛋白質研究所セミナー「蛋白質の多様な相互作用─動的機構の解明から医学的応用まで─」, 2010.10, 吹田
  7. *M.E.Martinez, *Y.Kiyono, *T.Ido, *S.Noriki, K.Inai, *K.S.Mandap, *V.N.Tiwari, *Y.Fujibayashi: Evaluation of 2-deoxy-2-[18F]fluoroacetamido-D-glucopyranose as a infections imaging agent for PET, 23rd Annual Congress of The European Association of Nuclear Medicine -EANM'10, 2010.10, Vienna (Austria), European Journal of Nuclear Medicine & Molecular Imaging, 27(Supplement 2), S468, 2010.10
  8. D.Ozawa, K.Hasegawa, +YH.Lee, +K.Sakurai, +K.Yanagi, T.Ookoshi, +Y.Goto, H.Naiki: α2-Macroglobulin inhibits β2-microglobulin amyloid fibril formation in vitro, The 3rd International Symposium on Protein Community, 2010.09, Nara, Program, 77, 2010.09
  9. T.Ban, +D.Chan: Elucidating the molecular mechanism of OPA1-induced membrane fusion in mitochondria, The 3rd International Symposium on Protein Community, 2010.09, Nara, Program, 77, 2010.09
  10. +H.Yagi, D.Ozawa, +K.Sakurai, H.Naiki, +Y.Goto: Laser-induced propagation and destruction of amyloid β fibrils, The 3rd International Symposium on Protein Community, 2010.09, Nara, Program, 86, 2010.09
  11. +Y.Yoshimura, +K.Sakurai, +YH.Lee, +T.Ikegami, +E.Chatani, H.Naiki, +Y.Goto: Direct observation of minimum-sized amyloid fibrils using solution NMR spectroscopy, The 3rd International Symposium on Protein Community, 2010.09, Nara, Program, 87, 2010.09
  12. +J.Sawashita, +F.Kametani, K.Hasegawa, +M.Mori, H.Naiki, +K.Higuchi: Transmissible amyloid fibrils formed by selective N-, C-terminal sequences of mouse apolipoprotein A-II, The 3rd International Symposium on Protein Community, 2010.09, Nara, Program, 131, 2010.09
  13. 伴 匡人: OPA1による脂質膜の形態変化とミトコンドリア膜融合における役割, 大阪大学蛋白質研究所セミナー「疾患と膜動態の蛋白質科学」, 2010.09, 吹田
  14. +A.Morinaga, K.Hasegawa, R.Nomura, T.Ookoshi, D.Ozawa, +Y.Goto, +M.Yamada, H.Naiki: The role of interfaces and agitation on the fibril formation of amyloid β-protein, Alzheimer's Association International Conference on Alzheimer's Disease 2010, 2010.07, Hawaii
  15. 大越 忠和, *太田 諒, *森 正樹, *前川 秀樹, 内木 宏延, *今村 好章: 甲状腺低分化癌の骨転移, 第65回日本病理学会中部支部交見会, 2010.07, 岐阜
  16. +吉村 優一, +櫻井 一正, +李 映昊, +池上 貴久, +茶谷 絵理, 内木 宏延, +後藤 祐児: β2-ミクログロブリンが形成するアミロイド線維の溶液NMRによる直接観察, 第10回日本蛋白質科学会年会, 2010.06, 札幌, プログラム・要旨集, 90, 2010.05
  17. +宗 正智, +八木 寿梓, +櫻井 一正, 内木 宏延, +後藤 祐児: 超音波による超高速アミロイド線維形成反応, 第10回日本蛋白質科学会年会, 2010.06, 札幌, プログラム・要旨集, 90, 2010.05
  18. +小沼 剛, +茶谷 絵理, +八木 正典, +櫻井 一正, +池上 貴久, 内木 宏延, +後藤 祐児: パルスラベルH/D交換法とNMRを用いたβ2ミクログロブリンの線維伸長中間体の解析, 第10回日本蛋白質科学会年会, 2010.06, 札幌, プログラム・要旨集, 171, 2010.05
  19. +八木 寿梓, 小澤 大作, +櫻井 一正, +加治 優一, +川上 徹, +九山 浩樹, 内木 宏延, +後藤 祐児: レーザー照射によるアミロイド線維の増殖と崩壊, 第10回日本蛋白質科学会年会, 2010.06, 札幌, プログラム・要旨集, 171, 2010.0
  20. +澤下 仁子, +亀谷 富由樹, 長谷川 一浩, +張 蓓茄, +王 耀勇, +森 政之, 内木 宏延, +樋口 京一: マウスF型apolipoprotein A-II(apoA-II)のC末アミノ酸配列はアミロイド線維形成を阻止する, 日本基礎老化学会第33回大会, 2010.06, 名古屋, 基礎老化研究, 34(2), 43, 2010.05
  21. 伴 匡人, +チャン デヴィッド: OPA1によるミトコンドリア内膜融合の分子機構解明, 第10回日本蛋白質科学会年会, 細胞内及び細胞外における膜ダイナミクス, 2010.06, 札幌, プログラム・要旨集, 50,167, 2010.05
  22. *M.E.Martinez Pozo, *Y.Kiyono, *T.Ido, *S.Noriki, K.Inai, *K.S.Mandap, *T.G.Lohith, *V.N.Tiwari, *Y.Fujibayashi: New radiosynthesis of 2-deoxy-2-[18F]fluoroacetamido-D-glucopyranose and its evaluation as a baterial infections imaging agent, 第5回日本分子イメージング学会学術集会, 2010.05, 大津, JSMI Report, 3(2), 109, 2010.05
  23. 稲井 邦博, *岩崎 博道, *上田 孝典, *法木 左近: 細胞壁構成成分アセチル-グルコサミンを分子標的とする病原体画像診断法の開発, 第84回日本感染症学会総会, 新しい微生物検査, 2010.04, 京都, 感染症学雑誌, 84(臨時増刊号), 266, 2010.03
  24. 稲井 邦博, *法木 左近, *太田 諒, 大越 忠和, *長沼 誠二, *今村 好章, *伊藤 浩史, 内木 宏延: 福井大学医学部におけるオートプシー・イメージングセンターの概要, 第99回日本病理学会総会, 2010.04, 東京, 日病会誌, 99(1), 288, 2010.03
  25. *池ヶ谷 諭史, 稲井 邦博, *岩崎 博道, *上田 孝典: Azithromycinはp38 MAPKとHSP-70を修飾することにより単球のTNF-α産生を抑制する, 第84回日本感染症学会総会, 感染症とサイトカイン, 2010.04, 京都, 感染症学雑誌, 84(臨時増刊号), 210, 2010.03
  26. +加治 優一, 小澤 大作, +八木 寿梓, +後藤 祐児, +大鹿 哲郎: Avellinoおよび格子状角膜ジストロフィーに対する光線力学療法の基礎開発, 第113回日本眼科学会総会, 2010.04, 東京, 日本眼科学会雑誌, 114(臨時増刊号), 197, 2010.03
  27. 稲井 邦博, *岩崎 博道, *法木 左近: PETによる病原微生物検出法の開発-第2報-, 第9回敗血症研究会, 2010.03, 福井
  28. *法木 左近, 稲井 邦博, 内木 宏延, *伊藤 浩史, *松木 孝澄, *島田 一郎, *飯野 哲, *木下 一之, *木村 浩彦: 福井大学医学部におけるオートプシー・イメージング(Ai)導入と特徴, 第7回オートプシー・イメージング学会総会・学術集会, 2010.02, 東京
  29. H.Naiki: Molecular pathogenesis of β2-microglobulin-related amyloidosis: The past, the present and the future, International Symposium on Amyloidogenesis and Anti-Amyloid Therapies, 2010.01, Tokyo

その他刊行物

2011

  1. 内木 宏延: ヒトアミロイドーシス発症の分子機構解明─透析アミロイドーシスを中心に─. 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業アミロイドーシスに関する調査研究平成20〜22年度総合研究報告書, 54, 2011.03
  2. 内木 宏延, 小澤 大作, 長谷川 一浩, +李 映昊, +櫻井 一正, +柳 浩太郎, 大越 忠和, +後藤 祐児: 細胞外シャペロンによるβ2-ミクログロブリンアミロイド線維形成抑制機構の解明. 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業アミロイドーシスに関する調査研究平成22年度総括・分担研究報告書, 98-100, 2011.03

2010

  1. 稲井 邦博: PETで病原微生物の検出に成功. 国立大学法人福井大学環境報告書2010, 40, 2010.09
  2. 稲井 邦博: 福井大学医学部発の感染症・有機物質の拡散を防止するために. 国立大学法人福井大学環境報告書2010, 13-16, 2010.09
  3. 内木 宏延, 長谷川 一浩, +森永 章義, +山田 正仁: βアミロイド線維の核形成に及ぼす界面と撹拌の効果. 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業アミロイドーシスに関する調査研究平成21年度総括・分担研究報告書, 69-71, 2010.03
  4. +樋口 京一, +澤下 仁子, 長谷川 一浩, +亀谷 富由樹, +張 蓓茹, +王 耀勇, 内木 宏延: マウスapoA-II部分ペプチドによるアミロイド線維形成機構と伝播の解析(第2報). 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業アミロイドーシスに関する調査研究平成21年度総括・分担研究報告書, 50-53, 2010.03